なた豆とは

なた豆は、マメ科の一年草であり、漢字では鉈豆と書きます。また、刀豆(とうず・たちまめ・なた豆)や帯刀(たてはき)と呼ばれることもあるようです。昔からナタマメは漢方薬として使用されていましたが、最近は健康食品・健康茶にも使用されており、一般に広く知れ渡るようになりました。確かに最近、なた豆を主原料としたなた豆茶も人気となっていますよね。ただ、なた豆そのものを知らない方は多いかと思います。なた豆は、夏に白色、またはピンク色の花を咲かせ、秋口に実ができます。実の鞘は30cm~50cm、鞘の中の種子も3cm~5cm・・・とかなり大きく成長します。形はさやえんどうに似ていますが、大きさが全く違うんですよね。大きな豆として知られている空豆がおよそ3cmほどの大きさですから、それよりも一回りほど大きいのです。

このなた豆の原産は、熱帯アジア・熱帯アフリカと言われており、実際、アジア・アフリカにて栽培され、食用・薬用に使用されています。温暖な気候を好む植物で、中国の長江流域及び南方各省にて栽培され、中国では薬膳の食材として使用されており、明の「本草網目」には、漢方医療の生薬の1つとして紹介されています。日本では、江戸時代の始めに清から伝わったと言われており、1696年の農業全書には、「刀豆」として紹介されています。特に薩摩(現在の鹿児島県)で栽培が盛んであり、大河ドラマ「篤姫」のなかでも、長旅の無事を祈る餞別に送られているシーンがありました。なた豆は、生命力が強く、勢いよく成長するため、昔から縁起の良い豆・商売繁盛のお守り・子孫繁栄の縁起物(絶えることなく花が咲くことから)・・・として親しまれていたようです。

現在では、たなまめは鹿児島県で多く栽培されています。鹿児島市吉田地区という鹿児島県の中部、東に赤崩火山峰、西に花尾山・雄岳などがそびえたち、思川・本名川・稲荷川などの良質な水源にも恵まれたこの場所は、昔から雨の多い地域としても知られています。そして、この地域というのは、シラス台地なんですね。シラス台地というのは、火砕流堆積物が堆積した土壌のことで、水はけが良いという特徴があります。稲作には向いていない土壌なのですが、代わりにサツマイモ・桜島大根などの農作物の栽培には適している土壌です。そして、そのシラス台地の下層には、吉田貝層という今からおよそ20万年ほど前の化石層があり、ここからは100種類以上の貝化石を始め、藻類・サメの歯・カメの甲羅・・・等の化石も多く発見されています。この吉田貝層には多くのカルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・・・といったミネラルが豊富に含まれており、それがまた農作物に良い影響をもたらしているんですね。そして、それはなた豆も例外ではありません。先ほど、この地域は雨が多い地域・・・と挙げましたが、雨水がシラス台地に浸透し、吉田貝層でミネラル成分を吸収し、そして湧き水となって農作物の栽培に使用されるため、自然の栄養分がたっぷり含まれたなた豆(もちろんそれ以外の農作物も)が作られるのです。

ただし、鹿児島県を始め、なた豆は一応日本国内でも栽培はされているものの、健康食品などに使用されているなた豆の全てが国内産ではありません。ほとんどは、ラテンアメリカ・中国から輸入されているものも多くありますので、国内で栽培されているなた豆の健康食品等を購入したい場合は、原産地をしっかり確認するようにしてください。

健康食品・健康茶の原料としてのイメージが強いなた豆ですが、他にも、福神漬け(あまり気づかないかもしれませんが、市販の福神漬けにはなた豆の鞘が入っています)・民間薬・メッセージ缶にも使用されています。メッセージ缶というのは、レーザーで文字を掘った種が缶の中に土と共に入っており、缶を開けて水を与えて育てていくと、発芽し、そして豆のような実の表面に掘ったメッセージが浮かび上がる・・・というものです。また、食用とする場合は、若い鞘が用いられます。若い鞘というのは、鞘はまだ青くて柔らかい状態であり、大きさが10cm~20cmほどくらいの大きさの頃でしょうか。成長しすぎてしまうとアクが出始めてしまうので、大きくても20cmくらいの大きさのものが良いかと思います。茹でたり、炒めるなど火を十分に通してから食します。鞘の調理は、スナップエンドウやいんげんと同じ感覚で問題ないと思います。塩ゆでして、ドレッシングで食べても良いですし、下ゆでしたものを天ぷらにしても美味しいそうです。更に、血行促進・免疫力の向上・蓄膿症・歯周病・歯槽膿漏・痔ろう・・・等の薬効があると言われている他、他の野菜につく病害虫を防止するために、その野菜の周囲になた豆が植えられることもあるようです。

ちなみに、なた豆を漢方薬の材料として使用する場合は、成熟した豆を使用します。

なた豆に限ったことではなく、豆類全般に言えることなのですが、なた豆には毒があるため注意が必要であり、特に、たかなた豆・たちなた豆には毒が多いそうです。食用として使用されているなた豆は白なた豆という品種なのですが、食用に適さない品種もありますので、なた豆を主原料としたなた豆茶を購入する場合は、どの品種のなた豆が使用されているかを確認することが必要です。なお、先ほど挙げたメッセージ缶ですが、これに使用されているなた豆は食用ではない品種である場合がほとんどですので、成長してもそれを食べるのは避けてください。

このページの上へ